【エルムS】タイムフライヤー上々のラスト12・2秒「条件替わりで良さが出れば」

2019年08月07日 20時00分

【エルムS(日曜=11日、札幌ダート1700メートル)注目馬7日最終追い切り:函館競馬場】タイムフライヤーはウッドで単走。テンから速いラップを刻み、直線はしっかり追われてラスト12・2秒。攻め駆けするタイプとはいえ上々の動きだった(5ハロン66・2―51・1―37・4―12・2秒)。

 松田調教師「中間は筋肉がついた。緩さもなく1週前は破格の時計をマーク。血統背景から条件替わりで良さが出れば」