ロジャーバローズ引退→種牡馬入り 角居調教師「ディープの血は貴重」

2019年08月07日 11時30分

今年の日本ダービーを制したロジャーバローズ

 今年の日本ダービーを制したロジャーバローズ(牡3=角居)が、右前浅屈腱炎を発症したと6日にJRAが発表した。

 これを受けて、角居調教師は同馬の引退と種牡馬入りを発表。「(6日に)診療所のエコー検査で判明しました。先週から気になるところがあったのですが…残念です。今後についてオーナーと相談した結果、種牡馬入りすることに。戻ってきても同じような成績を残せるかは分からないですし、(21年2月いっぱいで角居師の勇退が決まっているため)ほかの厩舎に預けても迷惑になるのではないかと。ディープの血は貴重ですし、生産に返せなくなってはいけませんから」と説明した。今後は近日中に登録を抹消される。けい養先の牧場は未定。

 同馬とのコンビで初めてダービーを優勝した浜中は「ダービーはすごい走りで勝ってくれました。早い時期の引退は残念ですが、命を落とすようなケガではなくて幸いでした。ディープの後継種牡馬として、いい子孫を残してほしいです。また生まれた子供でダービーに挑めたらと思います」と突然の引退を惜しんだ。

 同馬は今秋の凱旋門賞挑戦を目指して、先月19日に栗東トレセンに帰厩。順調に調整を進めていたが、全治9か月以上の診断により無念の引退となった。同厩で凱旋門賞挑戦を予定しているキセキについては「一頭で向かうことになると思います」(角居師)。騎手は未定。