【新馬勝ち2歳総点検・小倉】シリアスフール松若「もうひとつ上のギアがありそう」

2019年08月06日 21時31分

1番人気に応えたシリアスフール

【新馬勝ち2歳総点検・小倉】

★日曜(4日)芝1800メートル=ディープインパクト産駒のシリアスフールが1番人気に応えて差し切り勝ちを決めた。

 ただ、鞍上の松若は「スタートからフワフワしていた」と精神的な幼さを指摘。

 一方では「もうひとつ上のギアがありそうですね」と今後の伸びシロも強調した。

★日曜(4日)芝1200メートル(牝)=ヒバリが鮮やかに差し切ってみせたが、勝ち時計が前日の新馬戦より0秒9も遅いようでは、あくまで牝馬限定レベルとするしかないか。

★土曜(3日)芝1200メートル=新種牡馬エピファネイア産駒のカーフライタークが6馬身差の圧勝。

 もっとも鞍上の川田は「前半は進んでいかないだろうな、と。思った通りの競馬ぶり」と振り返っており、本質的には短距離馬とは見ていないよう。

 距離を延ばしてからの走りに注目したい。