【2019WASJ】菜七子が初参戦!世界の名手とバトル

2019年08月06日 11時30分

藤田菜七子

 札幌競馬場に世界の名手が集う「2019ワールドオールスタージョッキーズ」(24、25日)の出場騎手14人がJRAから発表された。

 6月の「ウィメンジョッキーズワールドカップ」で優勝し、日本人女性騎手として初めてシャーガーC(10日=英アスコット競馬場)に招待された藤田菜七子は初参戦。

「このような素晴らしいシリーズに招待してもらえることはうれしいし、ありがたいです。どのジョッキーと騎乗できるのも楽しみですが、リサ騎手やミカエル騎手と、こうした形で会えるのが楽しみです」と菜七子。自己最長の5週連続勝利と冴え渡る手綱で、世界の名手たち相手に存在感を示すことができるか、大いに注目だ。なお、出場騎手14人は以下の通り。

【JRA代表】戸崎圭太、三浦皇成、藤田菜七子(関東リーディング1、2、13位)、川田将雅、クリストフ・ルメール、武豊、浜中俊(関西リーディング1、2、3、13位)

【地方競馬代表】吉村智洋(兵庫)、的場文男(大井)

【海外招待】リサ・オールプレス(拠点ニュージーランド)、ジュリアン・ルパルー(米国)、ミカエル・ミシェル(フランス)、コルム・オドノヒュー(アイルランド)、カリス・ティータン(香港)