【小倉記念・後記】メールドグラース重賞3連勝 充実期へと導いた川田の“教育”

2019年08月05日 21時30分

上昇一途のメールドグラース(手前)は横綱相撲で重賞3連勝

 4日、小倉競馬場で行われたGIII小倉記念(小倉芝2000メートル)は、1番人気のメールドグラース(牡4・清水久)が直線で大外から差し切って優勝。新潟大賞典、鳴尾記念に続く重賞3連勝を含む5連勝を飾った。充実期を迎えた同馬が“変わった”きっかけは何なのか? レース後の取材から検証する。

 レースはストロングタイタンの逃げという意外な形で幕を開ける。ペースは落ち着き、向正面で馬群はほぼひと固まり。先行有利の態勢が出来上がりつつあった。そんな中、メールドグラースはスタートでやや後手に回り、後ろから数えたほうが早いポジション。前は馬が密集し、外もフタをされている状況。難しい局面になったが、川田は慌てなかった。

 外の馬を先に行かせると、距離ロスを覚悟で4角で大外へ。直線は必死に馬を鼓舞する。鞍上のアクションに応えて脚を伸ばしたメールドグラースはゴール寸前で前方の叩き合いをのみ込み、先頭でゴールを駆け抜けた。

 川田は「いいスタートは切れませんでしたが、人気馬を見ながら運べました。馬群が密集する形で大外しか選べませんでしたけど、馬が自信を持っている感じで、能力で勝てました」。確かに、不利な状況の中で一番外を回って差し切る勝ち方は、力のない馬にはできない芸当。ただ、馬の持っている能力を信じ、厳しい状況の中で最善の選択をして、最高の結果をもたらした川田の騎乗も見事なものだった。

 清水久調教師も「川田が馬の力を信用して乗ってくれた。条件戦での足踏みが長かった馬だけど、川田が競馬を教えてくれて成績が良くなった。精神面が前向きになり、レースに集中できるようになったからね」と鞍上をたたえた。

 新潟大賞典、鳴尾記念はレーンの手綱での勝利だったが、川田の“教育”がメールドグラースを高みに導いたことは指揮官も重々承知。その川田とのコンビでの重賞制覇は、これまでの重賞2勝よりも格別なものであったに違いない。

「今後は馬の様子を見て、オーナーと相談してから」。清水久調教師は次走について明言を避けたが「これで重賞3連勝。秋は期待できるね」とも。指揮官の目には秋の大舞台がはっきりと映っている。