競馬の達人コラム第3弾は矢野進元調教師

2012年06月04日 18時00分

 池江泰郎元調教師、杉本清アナウンサーとバトンをつないできた連載コラム「競馬の達人」シリーズ。今週から関東エリアから矢野進元調教師が登場します。名牝ダイナアクトレス、豪脚ギャロップダイナなどを育てた名トレーナーにして、本紙競馬面でもおなじみのトップジョッキー・蛯名正義の師匠。人と馬を育てた40年を振り返ります。

「東の重鎮・矢野進元調教師『人と馬を育てた40年』は月〜木掲載。

☆やの・すすむ=1937年11月26日生まれ、栃木県出身。JRAの元騎手、元調教師。57~71年まで騎手として騎乗した後、73年に調教師免許を取得。75年に中山競馬場で厩舎を開業後、美浦トレセン開場とともに移動。調教師としては、牡馬混合重賞5勝のダイナアクトレス、85年秋の天皇賞でシンボリルドルフを破ったギャロップダイナ、中山大障害5勝のバローネターフらを育てた。JRA通算532勝、重賞36勝。蛯名正義は元所属騎手。08年2月、定年により引退。