【元JRA助手の極秘情報】日曜札幌6Rのセラン「仕上がりもよく初戦から期待」

2019年07月26日 21時00分

 まいど、野村です。あ、「まいど」言うても、関東の方にはなじみがおまへんかな。先週まで関西(大阪スポ・中京スポ・九州スポ)で「藁の匂いが好きだ!」いうコラムを書かせていただいてたんですが、東スポグループの紙面改革に伴い、新聞から外されてしまいました(泣)。ただ、このご時勢、ネットのほうがみなさんの目に留まる可能性は高いかもしれんからね。腐らんとweb版で精一杯頑張っていきたい思います。

 先週は中京記念があったんやけど、何を隠そうグルーヴィットを推奨させてもうてました。もちろん、馬券でもガチコンいわせたりましたが、やっぱりあれは鞍上・松山君の好騎乗が光ったね。ミキオ(松永幹調教師)も「ズブさが出てきてたので、いろいろ彼なりに工夫してくれてたみたい。上手に乗ってくれました」言うて喜んでましたで。

 みなさんもビデオを見てもらえば分かる思いますが、もう3角あたりからシバキまわしてますからね。オレ的には正直、アカンかなと思ったんやけど、あれは集中力を持続させる手段やったんやね。最後もよう後続の追撃をしのいでくれました。今後はサマーマイルやなく、秋まで充電に入る予定とのこと。目先のサマータイトルやなく、もっと大きなところを目指していくってこととちゃうかな。秋が楽しみでしゃーないです。

 さて、そんな松永幹厩舎から、今週は日曜札幌6Rのセランいう馬を紹介したい思います。ミキオが言うには「栗東にいる時から動きは非常に良かったですよ。仕上がりもいいし、初戦から期待しています」とのことですわ。鞍上には武豊と万全の態勢やからね。思いっきり勝利したい思ってます。

 あと、土曜しか馬券が買われへん人用には北出厩舎からエテレインミノル(土曜小倉9R)を。鳴海助手いわく「リフレッシュ放牧明けだけど、仕上がりはいいです。このクラスなら上位の力を持っていますし、道中スムーズに運ぶことができれば」らしいですわ。あくまで伏兵馬扱いやから、配当的にも妙味はあるんとちゃうかな。

 それではみなさん、今後ともよろしくお願いいたしますわ。(元JRA調教助手)

【プロフィル】のむら・いさお 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。