【名鉄杯・後記】スマハマ 断然人気に応えるJRAレコード勝ち

2019年07月15日 21時33分

 14日の中京メイン・名鉄杯(3歳上オープン・ダ1800メートル)はスマハマ(牡4・高橋亮)が逃げ切り勝ち。1分47秒6のJRAレコードを叩き出し、単勝1・7倍の断然人気に応えた。

 先週に引き続き、レコードが連発する超高速馬場での最内枠。スタート早々に先頭に立ち、そのまま押し切ったレース内容を「能力は素晴らしい馬。順調に行けば大きいレースも狙える」と藤岡佑。「昨日から時計が速いのが心配だったけど、乗り役がうまく内枠を生かして先手を取ってくれたね。ただ、時計が速過ぎるので足元が心配」と苦笑する高橋亮調教師。

 なかなか順調に使い込めず、次走に関しても未定ということだが、出走さえできれば毎回、高いパフォーマンスを発揮するスマハマ。陣営の思い描いたローテーションでコンスタントにレースに出走できるようになれば、重賞どころか、GIでも面白い存在になっていくはずだ。