JRA先月の禁止薬物問題の原因発表 3着相当の賞金を補償

2019年07月06日 16時30分

 禁止薬物「テオブロミン」を含んだ飼料添加物「グリーンカル」を競走馬が摂取した可能性があるとして6月15、16日の中央競馬(3回東京、3回阪神、1回函館開催)で156頭がレースから除外された問題で、JRAは5日、東京都港区六本木の本部で記者会見を開いた。

 JRAが「グリーンカル」の販売元である日本農産工業(株)に聞き取り調査をした結果、原材料であるアルファルファミール(牧草粉砕品)の製造ラインに、同じ建物内で粉砕されたテオブロミンを含むカカオ豆副産物の粉塵が混入したことが今回の原因であると発表した。また日本農産工業が、ロットごとの薬物検査について、JRAの定める「飼料添加物等の薬物検査実施要領」に従わず、独自の解釈で薬物検査を行っていたことも判明した。

 JRAは「飼料添加物等の薬物検査実施要領」に適合しない製品の流通を未然に防ぐ態勢を整えられていなかったことに対して、「ファンおよび関係者のみなさんに多大なご迷惑とご心配をおかけした」と謝罪。改善策として今後、JRAは薬物検査申請情報や結果情報を競走馬理化学研究所と共有し、JRA施設内に納品している小売店への立ち入り検査や、飼料添加物等の製造工程における禁止薬物混入リスクについて、販売元および小売店に対して再点検を要請。これまで以上に積極的に関与して、再発防止に向けた取り組みを徹底していくとした。

 なお競走除外となった156頭の関係者(馬主、調教師、騎手、キュウ務員)に対しては、出走予定だったレースのおおむね3着相当の賞金にあたる金額と特別出走手当をJRAが交付金として支払うと発表した。補償の総額は4億~5億円に上る見込み。