【ラジオNIKKEI賞】ディキシーナイト 馬なりのまま2馬身先着「距離は合うから好レースを」

2019年06月26日 20時36分

馬なりで先着したディキシーナイト(右)

【ラジオNIKKEI賞(日曜=30日、福島芝1800メートル)注目馬26日最終追い切り:美浦】ディキシーナイトは石橋を背に坂路で2頭併せ。先行するサトノキングダム(古馬3勝クラス)を目標に内から進み、ラストは馬なりのまま2馬身先着(4ハロン50・9―12・8秒)。3か月半ぶりの実戦も不安のない態勢をアピールした。

 国枝調教師「動きは良かったし、坂路主体の調整も不安はないね。(福島は、きんもくせい特別で4着に敗れた舞台だが)伸びシロのある3歳で、馬も前走(スプリングS=3着)から成長している。他より斤量を背負うだけに馬場が渋るとどうかだが、距離は合うから好レースを」