【宝塚記念】リスグラシュー矢作調教師「体がフックラとしていい感じ」

2019年06月21日 21時01分

矢作調教師(左)とともにファイティングポーズをとる稲富

【宝塚記念(日曜=23日、阪神芝内2200メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。いよいよ上半期を締めくくるGI宝塚記念って…はっやー! もうワクワクしすぎて馬っ気がすごいことになってますが、まずは気分を落ち着かせまして。

 一応、女子の稲富としては、日本でも海外でも頑張る女の子…そう、紅一点のリスグラシューのお話を聞かないわけにはいかないでしょ。さっそくですが、矢作先生、このローテーションはいつ決められたのですか?

「クイーンエリザベスII世C(3着)を使うことを決めたときには次は宝塚記念と考えてました。これだけコンスタントに走れる女の子はなかなかいないので、本当に頭が下がる思いです。香港に関しては1回目と2回目では落ち着き、カイバ食い、体の戻りが全然違いましたね。やはり“経験って大事だな”と感じました」

 すぐに順応できる賢さを感じずにはいられませんっ(マジでうらやましいっす)。では香港から戻られてからの調整はいかがですか?

「海外帰りというのは難しいといえば難しい。それに約2か月という間隔も微妙なんですが…。馬の雰囲気はすごくいいですよ。以前はスリムになりすぎる心配がありましたが、この中間は体がフックラとしていい感じ。心配する点が何もなくなったのは大きいですね」

 わぁ~、めちゃくちゃ楽しみですねっ。聞いてて私も燃えてきますぅ。

「実はウチの厩舎、他のGIは全て使っているのにファン投票の宝塚記念と有馬記念だけは使ったことがないんですよ。“ファンに愛される厩舎を”と常々言いながらもね(笑い)。やっと使えるので、とっても楽しみです。僕自身、競輪が好きで買うのも大好きですから、ファンの気持ちはよく分かるし、(ファン投票)9位という重みをしっかりと受け止めて、ベストな状態でレースに臨みたいと思ってます」

 えー!? 勝手に使ったことは何度もありはると思ってましたっ! 令和最初のびっくり事件に認定です(稲富の勉強不足なだけな件)。では初の宝塚記念、どう攻略しましょう!?

「相手は強いですが、ロスなくスムーズなレースができれば、能力を出し切って、勝負に加わってくれる馬ですから。まずはスムーズなレースを」

 早く日曜にならへんかなぁ~♪ 今年も熱い宝塚記念になりそうですねっ!

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はABC「おはよう朝日です」、サンテレビ「アサスマ探検隊」、ひらかたパークのCMなどに出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。