【宝塚記念】レイデオロ「追うごとに気配が上向いてきた」

2019年06月20日 21時04分

馬体の張りも上々に映るレイデオロ

【宝塚記念(日曜=23日、阪神芝内2200メートル)注目馬20日朝の表情:美浦】GI・3勝目を狙うレイデオロは、午前6時の開門と同時に北馬場入り。角馬場でウオーミングアップした後、ダート(北C)へ。終始、リラックスした様子で馬場を1周した。懸念されていたテンションの高ぶりはなく、馬体の張りも上々に映る。陣営のトーンも高まるばかりだ。

 津曲助手「2週続けてルメールに乗ってもらい、追うごとに気配が上向いてきた。多少の馬場悪化は気にならない。この馬の力を発揮できれば、結果はついてくるはず」