【宝塚記念】レイデオロ「国内の競馬だし、中間も落ち着きがある」

2019年06月18日 21時05分

【宝塚記念(日曜=23日、阪神芝内2200メートル)注目馬18日朝の表情:美浦】GI・3勝目を狙うレイデオロは坂路を軽く1本駆け上がり、翌日の最終追い切りに備えた。陣営は6着に終わったドバイシーマCから巻き返しを狙っている。

 藤沢和調教師「前回はナイターだった影響でテンションが高かったし、前に押し出される形になってしまったからね。今度は国内の競馬だし、中間も落ち着きがある。明日(19日)もクリストフ(ルメール)が乗る予定だよ。このままリラックスして臨めれば」