【ユニコーンS】デュープロセス「調教でも制御の利いた走りのできる利口な馬」

2019年06月13日 21時03分

自在性がセールスポイントのデュープロセス

【ユニコーンS(日曜=16日、東京ダート1600メートル)注目馬13日朝の表情:栗東】3歳ダート界の頂点を見据えるデュープロセスは坂路を駆け上がった。

 安田隆調教師「調教でも制御の利いた走りのできる利口な馬なんだ。2走前(昇竜S)は追い込む形、前走(青竜S)は前めの位置につけて完勝。まだどういうスタイルがこの馬に合っているのかつかみ切れない部分はありますが、自在性のあることがセールスポイントなんでしょうね。変わらず状態も維持できています」