【エプソムC】ハクサンルドルフ ウッドラスト11・6秒「中1週と間隔は詰まっているけど疲れはない」

2019年06月06日 21時04分

不振脱出へ気配は上々なハクサンルドルフ

【エプソムC(日曜=9日、東京芝1800メートル)注目馬6日最終追い切り:栗東】ハクサンルドルフはウッドで単走。ゆったりとした行き出しから、直線半ばで鞍上が促すと、力強く反応してラスト1ハロンは11・6秒(6ハロン83・5―37・7秒)。不振脱出へ気配は上々だ。

 西園調教師「時計も出たし、動きも良かった。中1週と間隔は詰まっているけど疲れはないよ。去年2着に来ている舞台で、週末は雨予報。これで走らなかったら仕方ない」