【エプソムC】プロディガルサン 力強く伸びて併入「ゴール前でうまく抜け出せれば」

2019年06月05日 21時02分

レーンを背に豪快なフォームで伸びたプロディガルサン(右)

【エプソムC(日曜=9日、東京芝1800メートル)注目馬5日最終追い切り:美浦】プロディガルサンはレーンを背に南ウッドで併せ馬。先行するサトノキングダム(3勝クラス)を前に見て6ハロンからスタートした。道中やや行きたがるそぶりを見せたが、うまく折り合いをつけ直線へ。普段と違い外から並びかける形となったが、手綱をしごかれると、力強く伸びて併入に持ち込んだ(83・3―37・6―12・8秒)。陣営はメンタル面を課題に挙げた。

 国枝調教師「先頭に立つと走りをやめる馬。今日はパシファイアーを装着して追い切ったが、それでも最後はフワッとしたので実戦はつけずに挑むかも。ゴール前でうまく抜け出せればいいんだが」