【エプソムC】レイエンダ リズミカルな走りで気配良好「ポテンシャルは高い馬だし改めて」

2019年06月05日 21時01分

レイエンダ(左)は軽快な走りで併入

【エプソムC(日曜=9日、東京芝1800メートル)注目馬5日最終追い切り:美浦】レイエンダは杉原を背に南ウッド5ハロンから上がり重点の併せ馬。先行するペイドメルヴェイユ(3勝クラス)を目標に進み、内に併せた直線は馬なりで併入。派手なアクションはなかったが、リズミカルな走りで気配は良好だ(71・1―40・0―12・6秒)。

 津曲助手「前走(メイS=9着)は硬い馬場を気にして突っ張った走り。直線は他馬に内から張られてバランスを崩したし、結果は度外視していい。不完全燃焼で息はすぐ入ったし、その後の状態も変わらずきた。ポテンシャルは高い馬だし改めて」