97年有馬記念覇者シルクジャスティス死す 老衰25歳

2019年06月05日 11時30分

 1997年の有馬記念を制したシルクジャスティス(牡25)が3日、老衰のため、けい養先の畠山牧場で死んだ。通算成績27戦5勝。同馬は96年に大久保正陽厩舎からデビューして97年3月に初勝利。GIII京都4歳特別で重賞初制覇した後、ダービーではサニーブライアンの2着に好走した。そして年末の有馬記念ではマーベラスサンデー、エアグルーヴらを破ってGI初制覇を達成した。00年に現役を引退し、01年に種牡馬入り。10年に種牡馬引退後は畠山牧場で余生を送っていた。

 所有者・畠山史人氏「ファンの多い馬で25歳まで元気に過ごしてくれました。残念ですが、ファンの方が会いに来てくれて、引退してからも愛された馬でした」