【安田記念・後記】ロジクライ斜行で武豊騎乗停止「申し訳ないです」

2019年06月03日 21時30分

大外ロジクライ(左)がスタート直後急激に内に斜行し、12~15番の外枠4頭の進路が狭くなった(JRAパトロールビデオから)

 2日に行われたマイル王決定戦・第69回安田記念(東京芝1600メートル)は、福永騎乗の4番人気インディチャンプが優勝。逃げたアエロリットを差し切って見事にGI初制覇を成し遂げた。アーモンドアイは3着、ダノンプレミアムは16着に終わった。

 今年の安田記念の結果に大きな影響を与えたのが、大外16番枠ロジクライ(9着)がスタート直後に内へ大きく斜行するアクシデントだ。

 騎乗した武豊は「スタートして1完歩目は真っすぐ出たが、その後に物見をして内にヨレてしまった。3~4頭に迷惑をかけてしまった。申し訳ないです」。

 この事象により進路が狭くなる被害を受けたのは15番ダノンプレミアム、14番アーモンドアイ、13番ペルシアンナイト、12番ロードクエストの4頭。

 JRAは「馬の癖も影響した」として鞍上に騎乗停止(6月8日の1日のみ)、馬に発走調教再審査の処分を科したが、「2強」を中心に馬券を買っていたファンには納得しづらい残念な一戦となってしまった。