【安田記念】インディチャンプ 2馬身先着「焦らず自分のリズムで運べば強い馬」

2019年05月29日 21時00分

インディチャンプ(左)はパワフルに伸びて僚馬に2馬身先着

【安田記念(日曜=6月2日、東京芝1600メートル)注目馬29日最終追い切り:栗東】インディチャンプは鳴尾記念(土曜=6月1日、阪神芝内2000メートル)出走予定のブラックスピネルと坂路で併せ馬。追い掛ける形から、ラストは鋭い伸びで2馬身先着した(4ハロン51・6―12・4秒)。

 昨年の有松特別から東京新聞杯まで3連勝し、本格化の気配を見せた同馬。前走のマイラーズCは折り合いを欠いて4着だったが、中間の短期放牧でガス抜きに成功して仕上がりは上々だ。

 音無調教師「前走は前の馬を目標にしたのが悪かったね。スタートを出ても、少し遅れても、とにかく焦らず自分のリズムで運べば強い馬なんだ。そういったレースをしてほしい」