【日本ダービー・1週前追い】ヴェロックス 堂々の4馬身先着「徐々に気持ちが乗ってきた」

2019年05月16日 20時00分

ヴェロックス(左)は僚馬をぶっちぎってみせた

【日本ダービー(26日=日曜、東京芝2400メートル)注目馬16日1週前追い切り:栗東】皐月賞2着馬ヴェロックス(中内田)は、主戦の川田が手綱を取り、ウッドでジェシー(古馬1600万)を1馬身追撃。よどみないラップを刻み、4コーナーで内から馬体を並びかける。

 本格的なゴーサインを出されると、重心の沈んだフォームになってギアが一段上がり、併走相手を置き去りに。最後まで鞍上が手を緩めることはなく、刻まれた時計は6ハロン78・5―63・3―49・0―36・2―11・5秒。堂々の4馬身先着を果たした。陣営もダービーへ向けての順調な仕上がりをアピールした。

 猿橋助手「皐月賞から時間があるのもあって、この中間は基礎部分での運動量を増やして調整を行っています。徐々に気持ちは乗ってきましたが、コントロールの利く範囲内で問題はありませんし、追い切りでも動けていますからね」