【オークス】ラヴズオンリーユー 坂路で躍動感あふれる走り「期待をもってレースへ臨みたい」

2019年05月15日 21時03分

坂路で躍動したラヴズオンリーユー

【オークス(日曜=19日、東京芝2400メートル)注目馬15日最終追い切り:栗東】ラヴズオンリーユーはここまで無傷の3連勝。しかも、いずれも上がり最速時計をマークしている。世代屈指の決め手を武器に、GI制覇へと挑む。

 この日は坂井(レースはM・デムーロ)が騎乗し、坂路単走で行われた。先週はウッドでジョッキー騎乗の併せ馬をしっかり消化したため、この日は終始馬なり。数字も4ハロン54・7―40・2―12・8秒と控えめだったが、躍動感あふれる走りで気配の良さは目立った。

 矢作調教師「1週前にレベルの高い併せ馬ができたので、今週は楽走でと指示。うまく乗ってくれたし、動きも良かった。中間いろいろとあった前走(忘れな草賞=1着)は六~七分という状態で勝ってくれた。上積みがなければ勝負にならないのがGIだし、期待をもってレースへ臨みたい」