【オークス】シゲルピンクダイヤ 坂路ラスト12・3秒「メンコを二重にしたり、いろいろ工夫を」

2019年05月15日 21時01分

馬なりで坂路1ハロン12・3秒をマークしたシゲルピンクダイヤ

【オークス(日曜=19日、東京芝2400メートル)注目馬15日最終追い切り:栗東】シゲルピンクダイヤは坂路単走で最終調整。4ハロン53・2秒、ラスト1ハロン12・3秒と、しっかりとした脚取りで駆け上がった。

 渡辺調教師「前走(桜花賞=2着)はスタートでつまずいて後方からの競馬でしたが、馬混みに入ってもひるまなかったし、最後は32秒7と、いい脚を使ってくれました。レース後もダメージはなく、脚元も良くなって順調にきています。距離の2400メートルに関してはひっかかることもないし、大丈夫だと思います。ただイレこむことがあるので、メンコを二重にしたり、いろいろ工夫を考えています」