【“豪腕”郷原のGI指南「ヴィクトリアマイル」】ラッキーライラック「ここに入れば実力は一番」

2019年05月10日 21時00分

郷原元騎手

 こんにちは、郷原洋行です。

 まずは先週の回顧から。このコーナーではグランアレグリアとアドマイヤマーズの2強、という見立てをしましたが、そのうちの1頭、アドマイヤマーズが勝利しました。東京のマイルは枠順や展開にあまり左右されず、実力のある馬が勝つコースだという思いがありますが、実際その通りになった気がします。ここでも記しましたが、昨年の朝日杯FSでは実際にグランアレグリアを破った実力馬。力を発揮できれば、あのくらい走れておかしくなかったということでしょう。

 一方、グランアレグリアは内の狭いところへ入ってしまい、抜け出す際に他馬の進路を妨害。ルメール君が騎乗停止になってしまいました。キャリアの少ない牝馬だけにああいうゴチャついた競馬になると厳しかったかもしれません。かわいそうでしたね。それでも桜花賞などを思えば牝馬同士なら上位なのは間違いないし、名調教師の藤沢和雄君がみている馬なので、今後また巻き返してくれるでしょう。今回の敗戦だけで評価を下げる必要はないと思います。

 さて、今週は全く同じ東京の1600メートルという舞台。ここも下手に流れだのなんだのと考える必要はなく、実力を素直に評価するのが良いと思います。と、言っても今年のメンバーをみると、その実力の判断が難しい。牝馬同士のレースにありがちな少々難解な一戦と言えるでしょう。

 そんな中からまず取り上げたいのはラッキーライラック。同期にアーモンドアイがいたため、少々かすんでしまった感じはありますが、それでも1年前の桜花賞では後の年度代表馬を差し置いて1番人気に支持された実績馬です。前々走の中山記念ではウインブライトにこそ敗れたものの、ステルヴィオ、スワーヴリチャード、エポカドーロやディアドラといったそうそうたるGI馬に先着。ウインブライトはその後、香港でGIを勝ったことを思えば、価値のある2着だったでしょう。

 また、道中再三不利のあった前走も着順ほどには負けていません。ここに入れば実力は一番とみて良いのではないでしょうか。

 アエロリットも気になる存在です。同じ舞台で一昨年にはNHKマイルCを勝利し、昨年は安田記念で2着。アメリカ帰り初戦という点がどうか? ですが、能力だけなら最右翼の1頭といえるでしょう。

 他ではレッドオルガやミッキーチャームあたりも十分通用しそうですね。

 武豊君がわざわざ美浦に駆けつけて騎乗したソウルスターリングも気になりますが、個人的にはレッツゴードンキの方に食指が動きます。7歳ですが、調教をみていてもまだ見限れない元気さを感じます。

(構成=競馬ライター・平松さとし)