【ヴィクトリアマイル】アマルフィコースト鋭伸 坂路ラスト11・9秒「この相手でも楽しみ」

2019年05月09日 21時04分

アマルフィコーストは切れ味十分な動きを見せた

【ヴィクトリアマイル(日曜=12日、東京芝1600メートル)注目馬9日最終追い切り:栗東】京都牝馬Sが3着、阪神牝馬Sが2着と重賞で連続して好走してきたアマルフィコースト。初の大舞台に挑むための総仕上げは坂路で。上がり重点の内容ながら、ラスト1ハロンは11・9秒と鋭い伸び脚を見せた(4ハロン53・7秒)。陣営の期待感は十分だ。

 牧田調教師「しまい重点の指示。反応は良かったし、いい動きでしたね。ここにきて気性面が成長してレースぶりが安定してきた。この相手でも楽しみです」