【オークス・1週前追い】ダノンファンタジー ブレのないフォームで登坂「この中間も順調」

2019年05月09日 20時00分

ダノンファンタジーはブレのないフォームで駆け上がった

【オークス(19日=日曜、東京芝2400メートル)注目馬9日1週前追い切り:栗東】最優秀2歳牝馬ダノンファンタジーは、いつものように中内田調教師自らが手綱を取り、坂路で上がり重点に4ハロン56・7―12・9秒のタイムを刻んだ。

 気持ちが乗り過ぎないようになだめつつも、フォームにブレはなく、上々の調整過程だ。

 猿橋助手「(ウッドが)左回り調教の日曜(12日)が実質的な最終追い切りとなる予定なので、今回は坂路で無理をしない程度の調教メニューに。テンションを上げ過ぎないように操作性を意識しながら、この中間も順調に調整できています」

 桜花賞1番人気4着からの復権走が見られるのか。注目の存在だ。