【ヴィクトリアマイル】プリモシーン 1馬身先着に福永「とにかく動きがいい」

2019年05月08日 21時03分

プリモシーン(右)は馬なりで僚馬に1馬身先着。最高の状態に仕上がった

【ヴィクトリアマイル(日曜=12日、東京芝1600メートル)注目馬8日最終追い切り:美浦】プリモシーンは福永を背に南ウッドで3歳未勝利と併せ馬。1馬身後方からスタートし、抑え切れないほどの手応えで4コーナーへ。鞍上が直線半ばでゴーサインを送ると、瞬時に反応して1馬身先着。1週前よりも素軽さが増しており、迫力も十分だ。鞍上は2度目の騎乗での戴冠を狙う(4ハロン52・1―37・4―12・0秒)。

 福永騎手「体はしっかりできているし、とにかく動きがいい。左に張る面も解消しているので楽しみ」

 木村調教師「素晴らしい動き。キャリアハイの状態です」