ルメールが開催6日間の騎乗停止 ダービーまで騎乗できず

2019年05月05日 18時00分

ルメール

 5日に東京競馬場で行われたGI・NHKマイルカップでクリストフ・ルメール騎乗のグランアレグリアは、直線で外側に斜行してダノンチェイサーの走行を妨害し、かつ走法妨害がなければ被害馬が先に入線していたと認められるため、4着に入線していたが5着に降着となった。

 これによりルメールは5月11~26日まで騎乗停止処分となった。3月2日の中山競馬1Rでの騎乗停止が加点される形で、通常の開催4日間ではなく6日間という重い処分となった。ヴィクトリアマイルのノームコア、オークスのコントラチェックだけでなく、ダービーで1番人気が予想される皐月賞馬サートゥルナーリアまで乗り替わりとなる。