【“剛腕”郷原のGI指南「NHKマイルC」】注目はルメール君が騎乗するグランアレグリア

2019年05月03日 21時03分

郷原元騎手

 こんにちは、郷原洋行です。

 先週の天皇賞・春はルメール君が騎乗したフィエールマンが戸崎君のグローリーヴェイズを叩き合いの末に退けました。ルメール君のうまさは今さら説明するまでもないでしょうけど、フィエールマン自身、出走馬中唯一のGI勝ち馬として意地をみせた形。休み明けながら長丁場を勝たせた陣営にも拍手を送りたいです。

 さて、今週は一転して距離が半分の上、3歳馬だけによるNHKマイルC(日曜=5日、東京芝1600メートル)です。

 私が現役騎手の時代はNHK杯(芝2000メートル)として日本ダービーへ続く最後のトライアルでした。当時は皐月賞の後、さらにここを使ってからダービーへ行くというのも普通でした。もちろんここで万全に仕上げては本番のダービーでお釣りがなくなってしまうので、あくまでもここは叩き台とするケースも多く、また今とは違った意味で難しいレースでした。

 そこへいくと現在はダービーのトライアル的な要素ではなく、マイルの頂点を決めるレースとして確立しました。皐月賞や桜花賞を走った馬が、距離適性を考えてダービーやオークスではなくNHKマイルCを目標に出走してくるというパターンが多くなってきたのです。

 馬のことを考えればこれは良い傾向にあるでしょう。私が現役時代に騎乗したニッポーテイオーは安田記念や秋の天皇賞を勝ちましたが、やはり距離的な限界はありました。そのような馬が目標にするレースが見当たらないために2400メートル戦を使うというのは、しのびないものです。だから現在の流れは非常に良いと思うのです。

 さて、そんな中、今年、注目したいのはやはり藤沢君(和雄調教師)のグランアレグリアですね。桜花賞の勝ち方が素晴らしかった。今回も同じ1600メートルで牡馬より2キロ軽い斤量で出られるのは有利です。桜花賞、皐月賞、天皇賞・春とGIを勝ちまくっているルメール君がここもまたしっかりと結果を残してくれるのではないでしょうか。東京のマイル戦というのは実力通りに決まりやすい舞台ですので、期待したいです。

 逆転候補はアドマイヤマーズです。こちらも上手な外国人のミルコ・デムーロ君。昨年の朝日杯FSでは実際にグランアレグリアを負かしています。近走の成績から人気を落とすようなら、かえってこちらから狙うのも面白いかもしれませんね。

 3番手以下は正直少し差があるかな?と思います。いずれも前走で重賞を勝っているダノンチェイサーやハッピーアワーらの名前を一応挙げておきますが、彼らはあくまでも連下候補。勝ち馬候補という意味では前出のグランアレグリアかアドマイヤマーズという気がします。

(構成=競馬ライター・平松さとし)