【NHKマイルC】カテドラル大下助手が競馬界の女神の直撃に「体がマイラーみたいな体形になった」

2019年05月03日 21時00分

マイラー体形になってきたカテドラル。大下助手(右)も手応え十分

【NHKマイルC(日曜=5日、東京芝1600メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。皆さん3日間開催はいかがでしたか? 稲富は…なので切り替えて前向いてますっ☆(いつものことやな)。

 さて今週はNHKマイルカップ! 栗東ではアドマイヤマーズについて友道調教師が前走の皐月賞(4着)をこう振り返ってくれました。

「この馬の持ち味である持久力勝負に持ち込めませんでした。上位3頭が動いた後に動きだしたんで、本当ならもう少し先に動きたかったな、という競馬でした。結構いい感じで仕上がっていましたし、僕らが見ても100%のデキで臨めたかなと思っていますので、今回は中2週ですし、当時のデキをキープできればいいなということでここまで調教してきました」

 状態キープがカギになりそう…。あとは距離! 今回のレース、距離がマイルに戻りますねっ。

「僕自身はマイル以上でも持つと思っているんですけれども、結果的にマイルが一番いい成績を残していますし、今回もいい競馬ができると思っています。もともとゲートの出がいい馬なので、ある程度前につけて、東京と阪神ではコースは違いますが、2歳の時の朝日杯(FS=1着)をイメージしてジョッキーには乗ってもらいたいなと思っています」

 ふむふむっ。この馬のベストな競馬ができれば巻き返しも十分ですね。

 そして同じ皐月賞で13着だったファンタジスト。梅田調教師はこのレースをどう見られますか?

「もともと距離はどうかな、と思っていたんですけど、スプリングS(2着)の結果とか内容から“なんとか持つかな”と希望を持って向かったんですけれども、結果はやはり距離が長かったかなという感じですね。皐月賞を春の最大の目標として調整していたので、なんとかその状態に近づけるように毎日馬の顔を見ながらやってきました。その皐月賞の状態とほぼ変わらないくらいの状態に来ているかな、と思っています」

 となりますと、東京コースの1600メートルというのはこの馬にとっていかがですか?

「どれだけ前半リラックスして走るかで、しまいの伸びにかかってくると思います。そういう意味でこの中間は折り合いなどを助手と話しながら調整してきました。このあたりが勝負の分かれ目になるな、と思っています。流れについては器用な馬なので速くなっても付いて行けるだろうし、遅くなっても後ろで折り合えるな、と思っています」

 それは頼もしいぃ! 前走で人気が下がるならおいしいですね(ニヤリ)。

 最後はカテドラルについて、大下助手にお話を伺いましたっ。

 前走のアーリントンCは強いレースをして惜しくも2着でしたが、スタートの出遅れはドキッとしましたか?

「今まで出遅れなかったですからね。でも、ああいう競馬をして新たな一面が出たというか、もとから能力はあると思っていたので、その能力が出せて良かったと思います。大敗した2戦(東京スポーツ杯2歳S、京成杯ともに11着)は長距離輸送だったり、体力がつき切ってなかったりという部分があったので、まだ2歳でしたし、いろんな面がかみ合わなかったんじゃないかなと。なので、前走が本来の姿かなと思います」

 デビューから乗っているとお話を聞いたのですが、大下さんが感じる、2歳時と今との変化ってありますか?

「数字的にも体重が増えていますね。新馬の時は距離が持ちそうやなぁという感じでしたが、いつも放牧から帰ってきたら体が良くなって帰ってくる馬で、だんだん体がマイラーみたいな体形になっていったので、負けた時は距離的なものもあるかなと思います」

 ほぇっ。そうなるとマイル戦はこの馬にとって好条件ですね。

「そうですね、前回が“強っ!”と思った競馬でしたしね。馬混みに入れてみてハミをかんで体力を消耗しないかどうか…折り合いが大事ですが、1600メートルなら大丈夫やと思います。馬に聞いてみないと分からない部分ではあるのですが、輸送に関してもだいぶ馬の体力がついてきましたし、うまいことソフトに持っていけたらな、と思います」 

 今週から東京GIレースが続きます。当たりが途切れないように頑張りまひょっ(まず今週当てろ)。

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はABC「おはよう朝日です」、サンテレビ「アサスマ探検隊」、ひらかたパークのCMなどに出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。