【NHKマイルC】グランアレグリア 楽々と1馬身半先着にルメール「すごくいい手応え」

2019年05月02日 21時04分

ルメールを背に、力強い走りで楽々と1馬身半先着したグランアレグリア(手前)

【NHKマイルC(日曜=5月5日、東京芝1600メートル)注目馬2日最終追い切り:美浦】桜花賞馬グランアレグリアはルメールを背に南ウッドで同厩のキングドラゴン(障害未勝利)を追走してスタート。直線で内に潜り込むと瞬時に反応を見せ、楽々と1馬身半先着してフィニッシュした。時計は5ハロン68・5―38・7―12・4秒(馬なり)。

 落ち着き十分の走りで毛ヅヤも冴え渡っており、休み明けの桜花賞を快勝しての上昇は顕著。鞍上もマイルGI連勝へ向けて自信をのぞかせた。

 ルメール騎手「やや軽い追い切りだったが、直線はすごくいい手応えでフットワークもとても良かった。桜花賞の時と比べてもパワーアップして反応も速くなっている。レースでも同じようなフットワークができればいい結果を出すことができる」