【天皇賞・春】フィエールマン「仕上がりとしてはデビュー以来、一番」

2019年04月25日 21時04分

2つ目のビッグタイトル奪取を狙うフィエールマン

【天皇賞・春(日曜=28日、京都芝外3200メートル)注目馬25日朝の表情:美浦】2つ目のビッグタイトル奪取を狙うフィエールマンは南の角馬場で、ダクとキャンターで微調整された。

 名畑助手「菊花賞を勝った時と同じ調整パターン。もっとも、過去に稽古でこれほど攻め込んだことはなかったし、仕上がりとしてはデビュー以来、一番だと思います。金曜の早朝4時に美浦を出発します。長距離輸送がカギですが、以前と比べて精神面もドッシリしてきたし、GI馬らしい競馬を見せたい」