【天皇賞・春】カフジプリンス「しっかりと調整」チェスナットコート「本来の動きに近づいた」

2019年04月25日 21時00分

【天皇賞・春(日曜=28日、京都芝外3200メートル)注目馬25日朝の表情:栗東】矢作厩舎の2頭は追い切り翌日の運動メニューをこなした。

 当時、格下の身ながら阪神大賞典で2着に食い込んでみせたカフジプリンスについて安藤助手は「先週に速い時計を出して、今週は反応を確かめる内容。予定通りにしっかりと調整できています」と順調な仕上がりをアピール。

 チェスナットコートに関しても「先週、目一杯に追った効果もあって、今週は本来の動きに近づいていた。昨年5着に走った時の状態に戻れば」と変わり身に期待を寄せた。