【天皇賞・春】リッジマン 動き&馬体の張り良化「自分から動く競馬ができれば」

2019年04月24日 21時01分

叩かれて気配アップのリッジマンはウッドを軽快に駆け抜けた

【天皇賞・春(日曜=28日、京都芝外3200メートル)注目馬24日最終追い切り:栗東】リッジマンは調教パートナーの加藤(レースは蛯名)を背にウッドで単走。前走(阪神大賞典=6着)時よりも動き、馬体の張りは良化している(4ハロン52・3―12・9秒)。

 庄野調教師「1週前にしっかりと負荷をかけたので半マイルからサラッと。体調は上向いているので自分から動く競馬ができれば」