【天皇賞・春】チェスナットコート 上積み見込める気配「落ち着きが出てきた」

2019年04月24日 20時33分

【天皇賞・春(日曜=28日、京都芝外3200メートル)注目馬24日最終追い切り:栗東】チェスナットコートは坂路で先行しながらカフジプリンスにかわされたが、ラストまで脚さばきは乱れなかった。久々を叩かれての上積みが見込める気配だ(4ハロン53・8―12・6秒)。

 宮内助手「前走(日経賞=9着)は久々の影響もありテンションが高かったけど、今は落ち着きが出てきた。昨年5着と好走したレース。今年も頑張ってほしい」