【天皇賞・春】リッジマン「ゆっくりとだが使って状態は上向いている」

2019年04月22日 20時44分

【天皇賞・春(日曜=28日、京都芝外3200メートル)注目馬最新情報:栗東】リッジマンの1週前追い切りはウッド単走で5ハロン69・5―38・9―12・3秒。ピッチの利いた素軽い走りが印象的。一度使って脚さばきは柔らかくなった。

 庄野調教師「前走(阪神大賞典=6着)は流れが合わなかったこともあり、力を出し切れなかった。ゆっくりとだが使って状態は上向いている。自分のペースで運べれば」