【マイラーズC】インディチャンプ「強敵ダノンプレミアムを負かすようなら無敵の存在に」

2019年04月17日 21時30分

マイル王に向け、ここが試金石になるインディチャンプ

【マイラーズC(日曜=21日、京都芝外1600メートル=1着馬に6・2安田記念優先出走権)栗東トレセン発秘話】東京新聞杯ウイークに当コラムで「これから音無厩舎の看板馬の一頭として、マイルGI路線で活躍する」と予告したインディチャンプが、GIIマイラーズCに出走する。“マイお気に入りホース”の再登場ならば、今回も厩舎にお邪魔しなければなるまい。担当の内徳厩務員を直撃した。

「馬体の緩さ? それは徐々に解消しつつあるよ。ただ馬が本格化してきたからこそ、これからステイゴールドの血が騒ぐんじゃないかと思って。こっちが大変だわ。もともとトレセンに入ってくる前の牧場レポートでも“うるさい馬”とあったぐらいだからな」

 内包していた気性的な激しさが、肉体的な成長とともに一気に解放されるのではないか。その怖さを口にする内徳厩務員だが、それでも笑顔が絶えないのは、東京新聞杯の勝ちっぷりの良さに確かな手応えを感じているからだろう。

「抜け出すとソラを使うから、もっとじっくり行くつもりが、あまりに早く先頭に並びかけてしまって…。あれは早仕掛けだったのではなく、重賞メンバー相手でも、それだけ反応が違ったということ。(福永)ユーイチもビックリしたんじゃないか」

 今回も期待に応えてくれそうだな。そんな感触を抱いて厩舎を後にしようとした時、調教師部屋の周りにある花壇に水をやっている東田助手を発見。念には念を入れて、再び話を聞いてみることにしよう。インディチャンプの調教に乗っているわけではないが、いわゆる“第三者的な助手”だからこそ、思い入れなしに率直なコメントを残してくれることもある。いま一度、冷静に判断するには、ちょうどいい。

「インディチャンプ? 確かに強いけど、もともと姿勢の関係から、左回りのほうがいい馬だからな。右回りだとモタれてしまう。ユーイチも左回りのほうがいいとは言っているから、そこをどうクリアするかだな。それにダノンプレミアムが出てくるんだろ? あの馬は強烈だよ。金鯱賞の競馬を見ただろ? ダービー以来の競馬で、あの勝ちっぷり。しかもマイル戦のほうが、よりレースをしやすいだろうから。あれを負かすようなら、それこそマイル戦で無敵の存在になれるよ」

 仮に大阪杯に出ていても1番人気になっていたかもしれないダノンプレミアムの存在は、確かに巨大過ぎる壁。得意とは言えない右回りで、この超難敵相手にどこまで食らいつけるのか――。そういう見方で今回のインディチャンプを応援したほうがいいのかもしれない。