【皐月賞】ランスオブプラーナ「今回が一番というくらいデキが上がっている」

2019年04月11日 21時03分

まだ夜が明けきらないうちに運動を始めるランスオブプラーナ

【皐月賞(日曜=14日、中山芝内2000メートル)注目馬11日朝の表情:栗東】毎日杯で逃走Vを決めたランスオブプラーナは角馬場でじっくりと息を整えた。陣営は色気十分だ。

 担当の平田厩務員「使いづめだけど、乗り手に言わせると今回が一番というくらいデキが上がっているみたい。折り合いがつくので距離は問題ないし、前走にしてもラスト3ハロンをすべて11秒台のラップでまとめているようにスピードの持続力がある。器用さがあるので中山コースも合うはずだし、リズム良く運べれば」