【皐月賞】シュヴァルツリーゼ しっかりしたフットワークで併入「能力的には通用していい」

2019年04月11日 21時02分

しっかりしたフットワークで併入したシュヴァルツリーゼ(中)

【皐月賞(日曜=14日、中山芝内2000メートル)注目馬11日朝の表情:美浦】新馬勝ち後、休養を挟んで臨んだ弥生賞で2着に好走。その素質の高さは侮れないシュヴァルツリーゼ。この日は南ウッド3頭併せ。2番手追走から直線は古馬2頭の間に挟まれながらも、しっかりしたフットワークで併入した(4ハロン52・9―38・1―12・5秒)。

 森助手「1週前に強めにやっているし、確実に状態は上向きだね。不器用な面があるので本来は東京がベストだけど、前走であの走りなら。能力的には通用していい」