【アンタレスS】ウェスタールンド「芝並みの切れ味のある馬だし、久々でもいい競馬に」

2019年04月11日 20時31分

【アンタレスS(日曜=14日、阪神ダート1800メートル)注目馬11日朝の表情:栗東】2着だった昨年末のチャンピオンズC以来となるウェスタールンドは最終追い切り翌日の運動メニューをこなした。陣営は手応え十分に送り出す。

 佐々木調教師「爪の弱さを考慮して厳寒期の出走は避けたんだ。帰厩してからの5週間は順調に乗り込みを消化できたよ。追い切りも併走相手をスッとかわす時の反応が良かったからね。芝並みの切れ味のある馬だし、自分のタイミングで動いていければ、久々でもいい競馬になるでしょう」