【平成最後の皐月賞枠順】GIホープフルS覇者サートゥルナーリアは6枠12番

2019年04月11日 14時10分

ホープフルS覇者のサートゥルナーリア

 GI馬2頭を含む重賞ウイナー9頭が出走する平成最後の牡馬クラシック第1弾「第79回皐月賞」(14日=日曜15時40分発走、中山芝内2000メートル)の枠順が11日午後、以下のように決まった。

 GIホープフルSを制した3戦3勝馬で、2005年ディープインパクト以来14年ぶり17頭目となる“無敗の皐月賞馬”とともに史上初の年明け初戦(中106日)での皐月賞制覇を目指すサートゥルナーリア(ルメール騎乗=栗東・角居厩舎)は6枠12番からスタートする。

 GI朝日杯FSを制しJRA最優秀2歳牡馬を受賞したアドマイヤマーズ(M・デムーロ騎乗=栗東・友道厩舎)は1枠1番、サートゥルナーリアと同じ3戦3勝馬でも今回が初の2000メートル戦となる共同通信杯覇者ダノンキングリー(戸崎圭騎乗=栗東・萩原厩舎)は2枠4番に入った。

 重賞未勝利も若駒S→若葉S(ともにオープン競走の中でも格が高いリステッド競走)を連勝中のヴェロックス(川田騎乗=栗東・中内田厩舎)は4枠7番、トライアルの弥生賞覇者メイショウテンゲン(三浦騎乗=栗東・池添兼厩舎)は5枠9番となった。同じくトライアルのスプリングS(1着馬エメラルファイトは出走回避)の2着馬ファンタジスト(武豊騎乗=栗東・梅田厩舎)は2枠3番となった。

 なお、このレースは12日(金曜)から前売りが開始される。

★「皐月賞」枠順と騎手(斤量は全馬57キロ)★

【1枠】 1番 アドマイヤマーズ  M・デムーロ
【1枠】 2番 サトノルークス   池添
【2枠】 3番 ファンタジスト   武豊
【2枠】 4番 ダノンキングリー  戸崎圭
【3枠】 5番 ランスオブプラーナ 松山
【3枠】 6番 クラージュゲリエ  横山典
【4枠】 7番 ヴェロックス    川田
【4枠】 8番 ニシノデイジー   勝浦
【5枠】 9番 メイショウテンゲン 三浦
【5枠】10番 シュヴァルツリーゼ 石橋
【6枠】11番 ラストドラフト   シュタルケ
【6枠】12番 サートゥルナーリア ルメール
【7枠】13番 ブレイキングドーン 福永
【7枠】14番 ダディーズマインド 宮崎
【7枠】15番 クリノガウディー  藤岡佑
【8枠】16番 タガノディアマンテ 田辺
【8枠】17番 アドマイヤジャスタ 岩田康
【8枠】18番 ナイママ      柴田大