【皐月賞】ヴェロックス鋭伸! 芝ラスト11・2秒で先着「順調に調整」

2019年04月10日 20時45分

楽な手応えで先着したヴェロックス(左)

【皐月賞(日曜=14日、中山芝内2000メートル)注目馬10日最終追い切り:栗東】オープン2勝ながら重賞は未勝利のヴェロックス。傍流といえるローテーションでのGⅠ挑戦になるが、当該距離の2000メートルを連勝している事実は見逃せない。

 この日は雨による馬場状態を考慮して芝コースで。馬場入場時にはうるさいしぐさを見せたが、キャンターに下ろしてからは落ち着いた走りに。併走相手を追いかける形ながら鞍上・川田は無理には促さなかったが、それでも直線あっさりかわし去り、伸びのあるフットワークで大きく先着した(6ハロン86・9―37・4―11・2秒)。

 猿橋助手「前走(若葉S=1着)後も疲れた様子はなく、順調に調整できています。その前走は完勝でしたが、ジョッキーはもう一段良くなりそうと話していた。GIに向けて、さらに調子を上げていければ」