【桜花賞】クロノジェネシス「順調な仕上がり」

2019年04月04日 21時06分

【桜花賞(日曜=7日、阪神芝外1600メートル)注目馬4日朝の表情:栗東】今年始動戦のクイーンCを快勝。万全の態勢でクラシック制覇を目指すクロノジェネシスは軽めの運動メニューをこなした。

 斉藤崇調教師「1週前にしっかりとやったので、最終追い(3日)は前に馬を置いて、それほど全体の時計が速くならないようにした。ペースが遅い分、少し行きたがるところはありましたが、我慢は利いていて反応も良かったですね。順調な仕上がりです」