【桜花賞】メイショウケイメイ 坂路で素軽い動き「距離の融通性もある」

2019年04月04日 21時00分

【桜花賞(日曜=7日、阪神芝外1600メートル)注目馬4日最終追い切り:栗東】メイショウケイメイは古川を背に坂路での最終調整。最後に仕掛けられる程度ながら、4ハロン52・4―12・2秒でまとめてみせた。馬に活気があり、動きも実に素軽い。

 南井調教師「しまい重点の指示だったけど、この馬は動きますからね。中間もカイ食いはいいし、順調にきています。距離の融通性もあるので大丈夫」