【桜花賞】エールヴォア 坂路ラスト12・1秒「いい脚の持続性を生かしたい」

2019年04月03日 21時00分

【桜花賞(日曜=7日、阪神芝外1600メートル)注目馬3日最終追い切り:栗東】エールヴォアは坂路で単走。松山騎乗でびっしり追われ、4ハロン53・3―12・1秒をマークした。

 橋口調教師「前走(フラワーC=2着)は休み明けで展開も不向きだった。元来叩いて良くなるタイプだし、広いコースに替わるのも味方になる。持ち味であるいい脚の持続性を生かしたい」