【桜花賞】ルガールカルム 切れのある走り「持ち前の切れ味を生かせば」

2019年04月03日 20時43分

【桜花賞(日曜=7日、阪神芝外1600メートル)注目馬3日最終追い切り:美浦】ルガールカルムは坂路2本目に単走で切れのある走りを披露。馬体細化もなく好調キープを約束した(4ハロン54・2―12・6秒)。

 田村調教師「いつも通り放牧を挟んで気配はいい。経験を積んだ今なら輸送も問題ないはず。相手は揃っているが、持ち前の切れ味を生かせば楽しみ」