【桜花賞】フィリアプーラ「折り合いに不安はないし、末脚は確実」

2019年04月02日 21時01分

【桜花賞(日曜=7日、阪神芝外1600メートル)注目馬2日朝の表情:美浦】フェアリーSを制して以来となるフィリアプーラは北の角馬場で微調整。終始リラックスした様子で翌日の最終追い切りに備えた。

 菊沢調教師「レース間隔は空いたけど、馬の成長を促すのとオークスまでを意識してのもの。折り合いに不安はないし、末脚は確実。色気を持つより自分のレースに徹したほうがいいかな。今回は阪神への輸送があるので、まずはそこを無事にクリアしないと」