【皐月賞登録馬】サートゥルナーリア無傷4連勝で1冠なるか

2019年04月01日 11時30分

皐月賞登録馬

 牡馬クラシック第1弾・第79回皐月賞(4月14日=日曜、中山芝内2000メートル)の登録馬が発表された。主役候補は無傷の3連勝で昨年末のホープフルSを制したサートゥルナーリア。勝ちっぷりもさることながら、魅力はその血統背景。母は日米オークスを制したシーザリオで、エピファネイア、リオンディーズという2頭のGI馬を半兄に持つ。課題は約3か月半のブランクだけだ。

 対するは朝日杯FSの勝ち馬アドマイヤマーズだが、こちらは今年初戦の共同通信杯2着で連勝が“4”でストップしてしまった。ただ、鞍上はサートゥルの主戦も務めていたM・デムーロだけに、巻き返しの期待がかかる。

 その共同通信杯を制したのはダノンキングリー。ここまで3戦3勝と底を見せていないディープインパクト産駒だ。

 トライアル組では弥生賞を制したメイショウテンゲン、スプリングS勝ちのエメラルファイト。若駒S→若葉Sと連勝中のヴェロックスには勢いがある。
 ほかにも毎日杯を逃げ切ったランスオブプラーナ、3連勝ですみれSを勝ったサトノルークス、前出ホープフルS2着のアドマイヤジャスタなど多士済々。今年も例年に負けない熱戦が繰り広げられそうだ。