【阪神スプリングJ】“二刀流”オジュウチョウサン 復帰戦で障害重賞10連勝達成

2019年03月09日 14時41分

オジュウチョウサン

 障害のGI通算5勝で昨年は有馬記念にも挑戦し“二刀流”として話題になった障害の絶対王者オジュウチョウサン(牡8・和田郎)が9日、阪神競馬場で行われた障害GII第21回阪神スプリングジャンプ(3900メートル)で障害レースに復帰。昨年4月の中山グランドジャンプ(1着)以来約11か月ぶりの障害復帰戦を勝利で飾り、障害重賞10連勝を達成した。勝ち時計は4分23秒6(良)。

 今後については天皇賞・春(4月28日)や、連覇のかかる中山グランドジャンプ(4月13日)などの選択肢があるが、和田郎調教師は「馬のダメージや回復具合を見てから決めます」と慎重な姿勢だった。