【フェブラリーS】大注目の菜七子が希望7枠ゲット 「1着でゴールを」の堂々V宣言

2019年02月15日 16時30分

藤田菜七子

 JRA女性騎手として初のGI騎乗となる藤田菜七子(21)が14日、滞在先の小倉競馬場でフェブラリーS(17日=東京ダ1600メートル)へ向けての会見を行った。日に日に過熱していく菜七子フィーバーの中、Vへの意気込みを語った。

 通常は追い切り後の水曜日に美浦、栗東の両トレセンで行われるGI共同記者会見だが、過熱する菜七子フィーバーを物語るように大勢の報道陣が小倉競馬場へと詰め掛けた。ローカル競馬場で行われたのは「これまで記憶にありません」とJRA関西広報が語るほどで、異例のGI会見となった。

 菜七子にとってはデビュー4年目で迎えたGI騎乗のチャンス。今回、インティに騎乗するレジェンド武豊との対決について問われると堂々とこう言い切った。

「ジョッキーを目指していた頃からの憧れでしたし、一緒に乗れるのがすごくうれしい気持ちと、負けたくない気持ちはあります」

 15日には運命の枠順が確定。菜七子&コパノキッキングのコンビは7枠11番に決まった。小倉滞在中の菜七子は出馬表にじっくり目を通し、「小林オーナーとは13番(コパノリッキーが初制覇した14年と一緒)がいいねと話していたんですけど、同じ7枠で外めのいい枠に入ったと思います」とほぼ希望通りの枠順に笑顔を見せた。

「枠順が決まったのでこれからレースのイメージを詰めていきたい。他の馬のことはあまり考えずに自分のレースをするだけ。1着でゴールを駆け抜けるシーンを描いています」と史上3人目のJRA・GI初騎乗Vの快挙達成へ、イメージを膨らませた。